Home > 真の経営者魂

ナナメヨミ

このコラムは、よく知られた作品における人物、チーム、組織などから、何らか学びを拾おうという試みである。歴史物を扱うときなどは時代考証を厳密にしていくというよりは、描かれた人物、事象などはとりあえずそういうものだとしておき、それに基づいて書いていこうと考えている。

第10回:一点物を提供する職人に学ぶ働き方

2015年05月21日

王様の仕立て屋

イタリア・ナポリの泥棒市に住む日本人、織部悠。ナポリ中の“究めし職人”から“ミケランジェロ”と賞賛された伝説の名仕立て屋が、唯一認めた弟子である。彼が受け継いだ至巧の技と、イタリアの比類なき伝統が一着のスーツに蘇生した時、それを身に纏った者の人生に珠玉のドラマが生まれる。

王様の仕立て屋―サルト・フィニート (1) (ジャンプ・コミックスデラックス)

『漫画家』という職人が書く職人の物語

漫画家がデビューする時のわかりやすい流れといえば、まず大手の少年誌に新人賞があり、そこで評価されると1話完結の読み切りが特別号的な物に載ったりする。おそらく、その読み切りの反応を見て本誌への連載を決めたりとしていくものと思われるが、こういった読み切りを読んで『この人すぐ人気出そうだな』という人もいる(ONE PEACEの読み切りを読んだ人はみな『即戦力!!』と思っただろう・・・)。

今回紹介する漫画の作者である大河原遁先生も、個人的には記憶に残る読み切りだったので、すぐに人気漫画家になるのかと思っていた。だが、特に何かの表現をするような仕事であれば、人気が出る、出ないというのはストーリー作りや画力などスキル的な要素だけでは決まらない。どんなに内容的にすばらしくても日の目を見ない場合もある。大河原先生も最初の連載が短期で終わって、気がついたら数年の間お目にかからなくなり、復活したと思ったら、それが初めて長期連載になったという経歴である 。[1]

今回紹介する『王様の仕立て屋[2]』という作品は、仕立紳士服の町ナポリで、『ミケランジェロ』と綽名された名人の技を唯一受け継いだ仕立て職人織部悠(オリベ)が、紳士服や服飾に関わるあらゆる問題を、師匠譲りの技で解決していくというストーリーである。

この作品を読むまでナポリの紳士服がそんなに有名だとは知らなかった。まあ、そのくらいの素人から読み始めても紳士服の世界が理解できるありがたいウンチク漫画という側面もある。ただ、ウンチクが面白いという側面と同時にこの作品は、作者自身が漫画に賭けながらも不遇の時代が長かった経験が下地にあるためか、登場人物の言葉が仕事をする上で心に響く漫画になっている。

レコメンド

サシ×ノミ

第4回:HRプロ株式会社 代表取締役 寺澤康介

ひとぐみ

第3回:株式会社セプテーニ・ホールディングス

人事哲学入門

第3回:哲学と思想、そして理念

チーバガボンド

第8回:組織版 イノベーションのジレンマ

人事部解体論

第6回:人事担当者が目指すキャリアは何?

私の一冊

第15回 :教育系公益財団法人 川島 淳子さん

4行日記術

第7回 :「学ぶ喜び」「生きる喜び」を創造したい

耳寄情報

企業と社員を取り巻くストレスを考えるシンポジウム  講演レポート

経営の哲学

最終回:『個性とストレスは使い方次第で毒にも薬にも』

教え上手 教わり上手

最終回: OJTが会社を長持ちさせる

全記事の一覧はこちらでご覧いただけます