Home > 真の経営者魂

ナナメヨミ

このコラムは、よく知られた作品における人物、チーム、組織などから、何らか学びを拾おうという試みである。歴史物を扱うときなどは時代考証を厳密にしていくというよりは、描かれた人物、事象などはとりあえずそういうものだとしておき、それに基づいて書いていこうと考えている。

第7回:他人を土下座させる人材を優秀といえるのか?

2014年05月20日

オレたちバブル入行組

今回取り上げるのは、理不尽な組織の中での爽快な「倍返し」で昨年ブームになったドラマ『半沢直樹』の原作でもある『オレたちバブル入行組 』です。 しかし、いくら理不尽とはいえ“土下座”は得策だったのでしょうか??弊社アナリストの大宮がナナメヨミ!

『オレたちバブル入行組』池井戸 潤

組織の論理とかいう無言の圧力・・・・

実は、今回取り上げた小説には正直あまり思い入れはない。元々このコラムを任されるに当たって『対象の選択自体、興味本位でもよい』というぐらいの縛りだったのだが、『選択自体が趣味に走ると誰も読まない』ということになり、『ある程度名の売れている小説なりで書くことが望ましい』ということになり・・・、という訳で、今回も名のある小説を選んでみることになった。

さて、こんなコンテンツのテーマ一つ選ぶような小さな選択にも、『組織の論理』は『個人の意志決定』に影響するものだ。命令でなくて『影響』というのが重要である。そういった、不明確で、不条理な要求というのが組織に所属している人の行動を縛っているというのは、組織に所属している人が日々感じることである。

私も最初に入った会社はそれなりに大きかったので、『なるほど、これが世間一般にいわれている会社の理不尽な意志決定』というのを見ることができた(嫌いな部下を転勤させるとか・・)。そういった、不明確で、不条理な要求というのが組織に所属している個人の行動を縛っているというのは、組織に所属している人が日々感じることである。

ただ、完全にそういった不合理のない組織を想定することにも違和感がある。人間という者が介在している以上、何らかの不合理さを内包していると思っておいたほうが健全であろう。大きな組織は多かれ少なかれそういった理不尽な意志決定を抱えつつも、大きな組織として生き残っていることも事実だ。であれば、その参加者はその理不尽さがあることを前提に行動する必要が出てくる。

そんな組織の現実の中で、爽快な逆転劇を演じるためすっきりする。だから結構な流行になったドラマの原作が今回取り上げる作品である。一年後に取り上げるのはいささか流行に乗れていない感じではあるが、ドラマ『半沢直樹』の原作でもある『オレたちバブル入行組 [1] 』である。

 

レコメンド

サシ×ノミ

第4回:HRプロ株式会社 代表取締役 寺澤康介

ひとぐみ

第3回:株式会社セプテーニ・ホールディングス

人事哲学入門

第3回:哲学と思想、そして理念

チーバガボンド

第8回:組織版 イノベーションのジレンマ

人事部解体論

第6回:人事担当者が目指すキャリアは何?

私の一冊

第15回 :教育系公益財団法人 川島 淳子さん

4行日記術

第7回 :「学ぶ喜び」「生きる喜び」を創造したい

耳寄情報

企業と社員を取り巻くストレスを考えるシンポジウム  講演レポート

経営の哲学

最終回:『個性とストレスは使い方次第で毒にも薬にも』

教え上手 教わり上手

最終回: OJTが会社を長持ちさせる

全記事の一覧はこちらでご覧いただけます