Home > 真の経営者魂

ナナメヨミ

このコラムは、よく知られた作品における人物、チーム、組織などから、何らか学びを拾おうという試みである。歴史物を扱うときなどは時代考証を厳密にしていくというよりは、描かれた人物、事象などはとりあえずそういうものだとしておき、それに基づいて書いていこうと考えている。

第8回:『タイラー、たかが自転車レースじゃないか[1]』

2014年10月21日

シークレット・レース ツール・ド・フランスの知られざる内幕

今回取り上げるのは、『シークレットレース』です。 自転車ロードレースのトップ選手の間で行われていたドーピング。アテネオリンピックの自転車競技[2]で金メダルを取ったタイラー・ハミルトンという選手の告白本です。プロフェッショナルのあり方と応援する側が及ぼす影響について弊社アナリストの大宮がナナメヨミ!

『シークレット・レース ツール・ド・フランスの知られざる内幕』タイラー ハミルトン,ダニエル コイル

絶対的な『差』が如実に表れる競技

自転車ロードレース[3]の中でも最高峰にあるツール・ド・フランス[4]というレースは、90年代には深夜の地上波で放送していたので、多少は馴染みのある方もいるかと思う。私が見始めた頃はミゲル・インデュラインがツールを5連覇している最中であった。そのインデュラインの6連覇を止めたのがビャルヌ・リースという選手である。5連覇は100年の歴史があるツールの中でもインデュラインしか達成していない記録であり、それを止めたリースは当然次の年も優勝候補だと思われていた。しかし、翌年のツールでリースは失速してしまい、若手のヤン・ウルリッヒに変更し、リースはそのアシスト[5]を行うことになる。結果としてウルリッヒが総合優勝をしたのだが、大会前は優勝候補だった選手にアシストをさせる、この勝つために容赦のないチームオーダー(命令)を見て、すごいスポーツだなと思ったのはよく覚えている。

また、特に山岳ステージ(急な坂を登っていくコース)などでは『急に力がわき上がって逆転する』というようなマンガのような展開はほぼあり得ない。互いに体力を削り合って、最後まで体力が残った方が勝つという形である。どんなに強さを見せていた選手も体力がなくなった時点で集団から落ちていく姿を見ると(本の中ではマッチを擦っていって、そのマッチがなくなると表現されている)絶対的な力の差というのをさらけ出しながら行う競技であるといえる。3週間かけて走った結果なのに数秒の差が埋まらないというのがシビアなところである。

そういった人間がむき出しになるスポーツであるが故に人気を集めているのか、ツール・ド・フランスは、ヨーロッパではオリンピックやサッカーと並ぶ巨大なスポーツイベントとなっている。そのため、ツールで活躍することは人生を左右するほどの富と名声が手にはいることになる。一時期アメリカのスポーツ選手の長者番付において、ツールで連勝していた頃のランス・アームストロングが上位にいたことがあるが、ツールを制覇するというのはそのくらいの影響力はあるといえる。

今回取り上げる『シークレット・レース[6]』はそのランスのアシストであり、アテネオリンピックの自転車競技[7]で金メダルを取ったタイラー・ハミルトンという選手のドーピングに関する告白である。アームストロングもハミルトンもドーピングが認められた期間の戦績は(ハミルトンの金メダルも含め)剥奪されてしまっているが、その頃のトップ選手がいかにドーピングに巻き込まれて、手を染めていくかが克明に書かれている(冒頭に出てきたリースとウルリッヒはドーピングを認めている)。ドーピングが練習と同じように行われていたか、つまり、検査を逃れながら効果的にドーピングをしていく計画を立てて運営していたかを見ると『プロフェッショナル』の意味を考えさせられる。

レコメンド

サシ×ノミ

第4回:HRプロ株式会社 代表取締役 寺澤康介

ひとぐみ

第3回:株式会社セプテーニ・ホールディングス

人事哲学入門

第3回:哲学と思想、そして理念

チーバガボンド

第8回:組織版 イノベーションのジレンマ

人事部解体論

第6回:人事担当者が目指すキャリアは何?

私の一冊

第15回 :教育系公益財団法人 川島 淳子さん

4行日記術

第7回 :「学ぶ喜び」「生きる喜び」を創造したい

耳寄情報

企業と社員を取り巻くストレスを考えるシンポジウム  講演レポート

経営の哲学

最終回:『個性とストレスは使い方次第で毒にも薬にも』

教え上手 教わり上手

最終回: OJTが会社を長持ちさせる

全記事の一覧はこちらでご覧いただけます