Home > 真の経営者魂

4行日記術

4行日記とは、「事実」「発見」「教訓「宣言」の4行で完結する日記で、自分の未来を創る日記です。4行日記に興味があるが書けないと悩む方やこれから始めたい方に向けて、実例や実践者の紹介を交えながら4行日記の面白さや奥深さをお伝えします。

第7回 :「学ぶ喜び」「生きる喜び」を創造したい

2014年11月21日

今回は、個別学習塾を千葉県で展開されている経営者の扇田昌利さんの4行日記をご紹介します。学習塾を立ち上げたのは、2001年30歳の時。現在は、学習塾を9校舎、予備校を2校舎、保育所を1園展開し、社員は200名以上いらっしゃいます。

扇田さんが、4行日記を書いたのは今から5年前。経営に専念し、多忙を極めていた時期、そして組織の問題や人の問題に悩んでいたとも話されています。

扇田さんに4行日記の効果についてお聞きしました。

ougida

 

「変化を感じたのは、7、8本目くらいからちょっとコツがつかめてきて、11から17本目くらいまでは痴病が出て、18本目、20本を超えたころから自然体になってきたかなと。 25本目以降はまとまってきたと感じます。30本目が生涯忘れてはならない4行ですね。」

 

それでは、扇田さんの4行日記をご紹介します。
今回はご了承いただきアドバイザーが返信したコメントも掲載しています。
→以下の言葉が、アドバイザーである小林博士の返信です。
やりとりを追体験することで、相乗効果で気付き学ぶ体験の一端を少しでも味わっていただけたら嬉しいです。

レコメンド

サシ×ノミ

第4回:HRプロ株式会社 代表取締役 寺澤康介

ナナメヨミ

第10回:一点物を提供する職人に学ぶ働き方

ひとぐみ

第3回:株式会社セプテーニ・ホールディングス

人事哲学入門

第3回:哲学と思想、そして理念

チーバガボンド

第8回:組織版 イノベーションのジレンマ

人事部解体論

第6回:人事担当者が目指すキャリアは何?

私の一冊

第15回 :教育系公益財団法人 川島 淳子さん

耳寄情報

企業と社員を取り巻くストレスを考えるシンポジウム  講演レポート

経営の哲学

最終回:『個性とストレスは使い方次第で毒にも薬にも』

教え上手 教わり上手

最終回: OJTが会社を長持ちさせる

全記事の一覧はこちらでご覧いただけます